上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 



こんばんは。


今日は、パり編をご紹介させてください♪


私が撮ったものをあらためて見てみると、
「建物」「窓」「ドア」「アイアン」が多い(笑)

お家だいすき!
よそのお家もだいすき!!です^^”

角の丸みがいいな~ とか。
P1070202.jpg


玄関ドアが素敵だな~ とか。
P1070263.jpg


建築のお施主さまのアイアンデザインの参考になればいいな~ とか。
P1070233.jpg
使えそうなアイディアがたくさんありました☆




パリでは、メトロや歩きで移動して
蚤の市や教会・美術館・マルシェの魅力を教えていただきました。
そう、朝、焼きたてのクロワッサンの美味しさも♪

ラスパイユのマルシェに朝から行ってみました。
野菜も「美味しそう!」と同時に「可愛い!!」のです。
P1070276.jpg


お土産に買い忘れたジャム(泣)
P1070273.jpg


一目ぼれした店主。(注・左の方です)笑
P1070271.jpg


店主が焼いていた、ジャガイモとたまねぎのお焼き。
  ↑お焼き。って言わないと思いますが(爆)”
これが、美味しかった~♪
P1070270.jpg


買いたいものいっぱい。
持って帰れないものいっぱい。(>。<)
P1070277.jpg





10日ほどいたパリで4回行けたヴァンブの蚤の市。
P1070225.jpg

初めはなんだか緊張しながらウロウロしていましたが、
ぼのさんに声のかけ方教えていただいたり、
またのちゃん(パリで常にボギーと私をサポートしてくださいました。感謝)
に値段交渉していただいたり^^
だんだん楽しくなって、一人で買ってみたりできたら嬉しいのなんの(笑)

欲しいけど、持って帰れないものがたくさん(泣)
P1070223.jpg


トランク買い込んでたボギー。
中身もチエック☆
お土産にしたら、喜んでくださったそうでよかった。
P1070545.jpg



クリニャンクールの蚤の市でみつけた書斎。
ボギーのお部屋をこんなのにしてあげたい・・・
と写真におさめてめておきました(*^-^*)
P1070296.jpg




アパート近くにあった、ロダン美術館。
庭はバラが見ごろで素敵でした。
P1070492.jpg


撮影禁止の場所が多かったけど、
一部、OKなところもありました。
作品も素晴らしかったけど、やっぱ装飾が気になる^^
P1070510.jpg

P1070508.jpg



アパートから歩いて行けたエッフェル塔。
エッフェル塔を見に行く。。。と言うよりも美味しいレストラン見つけようと
ウロウロしていたら近づいてて(笑)
実際見てみたら、すごかった。感動でうるっ・・・ときました。
見ておいてよかった。私、鉄が好きかも(笑)
P1070533.jpg


その道中で、ボギーが「面白い!」と言うので何かと振り向くと
ずら~っとminiが並んでいました。
芝生に集まっていた人達のものの様子。
「きっと、mini好きな人の集まりなんだね~」
「サーも喜びそうな風景だね~」とパチリ。
P1070538.jpg


ぼのさんとおでかけの1日。
素敵な傘のお店にいったり、花屋さんに連れて行っていただいたり。
そして、マリアージュフレールでランチ。
冷たいトマトスープを頼んだら、とても美味しい!
この食感は・・・?と思ったらなんと、スイカが入っていました。
とてもとても長い時間ここに居て、ふたりでいろんなお話をしました。
P1070467.jpg



ぼのさんとまたのちゃんが作ってくださった夕食。
外でのお食事もたくさんしたけど、アパートでゆっくりした食事も最高でした。
P1070262.jpg
毎回、とても美味しい食事。
ムッシュも素早く、パスタとサラダなんか作ってくださいまして、
「見た目よし!味よし!!」で素晴らしく、私の作ったものなど
恐れ多くて・・・
作っていただいてばかりでした^^”



オルセ美術館・ノートルダム寺院も思い出深いです。
ムッシュが招待してくださった教会での演奏会は鳥肌がたちました。

2週間でいろんな所へ行けたのも、
人との繋がりをいただけたのも、
日々、感動や感謝で過ごせたのも、
ムッシュ・ぼのさんのおかげです。
感謝しきれないです。ありがとうございます。

ボギーと私に心から親切に、楽しい毎日にしてくださった
たまこ姫さんファミリー。
キアラちゃん・ダニー君。
シャーリーちゃん・幸三さん。
またのちゃん。
本当にありがとうございました。




帰国の便で。
ボギーと席が微妙に離れてしまいました。
12時間あるし、思い切ってボギーの隣の女性に(おひとりだったので)
代わっていただけないか尋ねてみました。
快く代わってくださった若いお譲さんはバイオリンの音楽家。
おかげで安心した時間を過ごすことができました。
代わってくださったお席は窓側。
ふと、外を見ると、当たり前ですが飛行機は雲の上を飛んでいました。
天国はもっともっと高いところにあるんだろうけど、
一瞬、父いる場所に近づいた気がして、
お譲さんの優しさと、父への想いで、涙がでました。
最後の最後まで、優しさに触れた旅でした。
お嬢さん、ありがとうございました。





いつもありがとうございます。~イングリッド~


スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cocochi Ra Baum, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。